隠れ家

今の気になる話題を分かりやすくこのブログに。

2015年冬に最も流星群がよく見れるベストな時間帯や天気は?

f:id:kuritoshi:20151130220759j:plain

 

隠れ家へようこそ

 

11月も終わりに近づきだんだんと寒さも厳しくなってきましたね。

 

この時期になると季節風の影響もあって星が一段と綺麗に見えるようになってきます。

 

星といえば今年の12月に観れるふたご座流星群はここ数年で一番の見頃となっていて観測条件も最高

ふたご座流星群から観れる流星の数も年間を通すとこの時期が最も多いんですよ。

 

恋人と流星をみながらロマンティックな夜を過ごすには絶好のチャンスですね。

 

そこで、ふたご座流星群が良く観れるベストな時間帯はいつなのか、また気になるお天気なども調べてみたので紹介したいと思います。

 

それではいってみましょう!

 

スポンサーリンク

 

   

 

2015年冬のふたご座流星群を観にいこう

f:id:kuritoshi:20151130221002p:plain

 

ここ数年で今年のふたご座流星群は観測条件がとても良いということで最高に綺麗に観える年になっています。

 

いつの年でしたか私が結婚して間もない頃アルバイトで新聞配達をしていた時に空から無数の流星を観た覚えがあります、

確かその時はとても寒かったので配達途中に温かい缶コーヒーを飲んで休憩をとっていました。

 

ふと空を観ると綺麗な星が数分おきに流れていく光景に私はとても感動した覚えがあります。

 

よく流星が落ちるあいだに願いごとを言うと夢が叶うといううわさは聞いたことがあったんですがそんな時間はありませんね、あっという間に落ちていってしまいますから(笑)

 

今思えばその当時に観たのがふたご座流星群だったんですね。

 

ではふたご座流星群はいつごろから観れるようになってくるのでしょうか、活動期間が、いつからなのかを調べてみました。

 

ふたご座流星群の活動期間は?

f:id:kuritoshi:20151130223606j:plain

 

ふたご座流星群の活動期間は2015年12月4日頃から2015年12月17日頃までが観測できるピークになっていました。

 

この時期をのがすとまた数年はよい条件がそろわないようなので流星群を観たことがない人は是非この機会に眺めにいかれてはいかがでしょうか。

 

で、今紹介した期間はあくまでもふたご座流星群の観ごろの期間というだけで1番綺麗に観察できる日が1日だけあります。

 

なんで1日だけかというと極大と月齢といった流星群を観るための自然界のベストな条件が整うのが1日たけだそうです。

 

一言で簡単にいうと一時間に1番多く流星が出現する時間帯(極大)と月がかけて余計な明かりがなくなる良い時間。

この2つの条件が合わさる日がたったの1日だけとなり観測するのにベストという訳ですね。

 

 スポンサーリンク

 

   

 

よく観れるベストな日と時間帯は!

f:id:kuritoshi:20151130223650j:plain

 

そのベストな日とは2015年12月14日の日没から観えはじめ22時ごろから12月15日午前3時くらいまでが1番の見頃になってます。

 

流星も運がよければ一時間のうちに多くて100個くらい観れるようですよ、1分間に最低でも1個か2個は観れる計算になりまるで夢の世界にでも来たかのような光景を目にできると思いますよ!一度は味わってみたいものですね。

 

しかし今年を見逃してしまうと次に同じような観測条件がそろうのは3年後の2018年になってしまいます。

 

もし彼女がいるならばサプライズで観せてあげると必ず喜んでくれるでしょうね。

 

 

 

 ふたご座流星群を綺麗にみるポイント

f:id:kuritoshi:20151130224212j:plain

 

① 星の光は基本弱いので街灯など周りに光がある所を避けてなるべく真っ暗な場所で観察する

 

都会では星が観えなくて田舎では星がたくさん見えるという話しはよく耳にします、あれは街灯や空気が汚れているからであって見えていないのではなく見えづらいということです、なので空気の汚れていない都会を避けて暗くて街灯のないところがよいのですね。

 

 

② 暗い場所に目をならしてから20分くらいは観察する

 

よく明るい部屋から暗い部屋へいくと個人差はありますが何秒間か周りが見えにくくなることがありますよね、

 

しばらく経つと目が慣れてきて暗くてもある程度は見えるようになりますがこの現象を暗順応(あんじゅんのお)といいます、詳しいことはこちらに掲載されています。

↓   ↓   ↓

暗順応 - Wikipedia

 

 

人間の目は明るい場所から暗い場所へいくとある程度慣れるのに時間がかかるようです、ですので暗い場所へいくならば少しのあいだ目を慣らしてから観察するとよいでしょう。

 

 

 

12月の天気はどう?

f:id:kuritoshi:20151130231854j:plain

 

12月前半の9日頃までは比較的天気はよいみたいですが10日ごろから天気のくずれがありそうですね。

 

14日のベストな見頃の日は曇りで15日からはまた天気も良くなりそうですがもしかしたら14日は雲がかかっていて観れない可能性もあります。

 

観れないことも予想してなるべく天気のよい前半に一度観に行かれるほうがよいのかもしれませんね。

 

これは月間天気予報なのでまだ当たりということではありません、気を落とさずにまた近くなったら天気予報を見て確認されることをおすすめします。

 

 スポンサーリンク

 

   

 

まとめ

f:id:kuritoshi:20151130231917j:plain

 

今回はふたご座流星群についてよく観れる日などについて調べてみましたがいかがだったでしょうか。

 

もしふたご座流星群を見逃してしまっても流星群はこの12月だけではないので気を落とさなくても大丈夫です 来年の2016年の1月には「しぶんぎ座流星群」が出現、これを観測できる日は1月3日〜5日頃になります。

年始ということもあって もし観ることができれば新年早々に嬉しくなりますよね。

 

この他にも2016年におすすめの流星群としては「ペルセウス座流星群」があります、これは来年8月12日の21時頃が観測条件としてはとてもよいです。

 

とりあえず私も12月は家族揃って厚着をし、ふたご座流星群を観に行きたいと思います…たくさん流星が降ってくることを期待して(笑)

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます、隠れ家でした。