隠れ家

今の気になる話題を分かりやすくこのブログに。

リバウンドしない簡単な誰でもできる食事方法!野菜から食べるは嘘

f:id:kuritoshi:20150913163527j:plain

 

隠れ家へようこそ。

 

 

今回はダイエット中にリバウンドしない誰にでもできる簡単な食事方法を紹介していきたいと思います。

 

僕自身もダイエットした経験は何度かあるんですが食欲に負けました(笑)

 

でもまじめにダイエットをして痩せようっていう人はメニューや量、毎日の食事には気をつかっていますよね。

 

それはなんで?

 

f:id:kuritoshi:20150913163940j:plain

 

「そりゃ何でもかんでも食べよったら痩せんばい、そげなんことも分からんとね!」

 

なんて言われそうですがあたり前のことです、ダイエットと言えばほとんどの人が1番に思い浮かぶことは食事ですよね、次に運動でしょうか。

 

 

僕的には運動は嫌いなんで食事ダイエットしかやりませんでした…(笑)

 

 今このブログを読んでいる方はおそらく ダイエット中の人、または以前にリバウンドの経験がある人…

その様な方達ではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

   

 

では質問ですが食事には気をつかっているのに、体重が増えてきていつの間にかリバウンドしたとか、しそうになったという経験はありませんか。

 

 それは何故かって考えた事はありますか。

 

 もしかしてそれは食事方法に問題があるのかもしれませんね、自分では気をつけて食べていたとしてもじつは間違った食べ方をしていたのかもしれません。

 

 今回紹介する簡単な食事方法はダイエット中でもリバウンドしない=体型維持にもつながる、そんな食生活が身につく内容になってます。

 またダイエットはしてないけどあまり太りたくないっていう人にもオススメの方法です。

 

 実際にこの食事法はリバウンドしない食べ方としてもメディアで紹介され結果もでています。

 

食べることは生きているうえでは絶対に必要なこと、この機会に是非覚えていって下さいね。

 

 

それではいってみましょう。

 

 

 

リバウンドとその原因を知っておこう

 

「リバウンド」

 

ダイエットを経験した事のある方にとってこれは切っても切り離せない事ではないでしょうか。

 

 

f:id:kuritoshi:20150913164522j:plain

ではなぜリバウンドって起こるのでしょうか?

 

 

いくつかまとめてあるサイトがあったので参考にしてみて下さい。

 

・過度の食餌制限により飢餓状態に陥った体が、過剰に栄養分を吸収しやすくなった。

・体重減少の原因が主に筋量減少によるものだった為に、基礎代謝や運動時の消費カロリーが減少してしまった。

・体重減少に安心し、継続的な痩身行動を怠った。

・食餌制限によるストレスで、逆に食欲が増加した。

 

体重減少とリバウンドを繰り返すと、基本的には徐々に体重や体脂肪率は低下しにくくなるため、痩身行動後の自己管理も重要とされる。運動を怠っている場合、筋肉量が減少しやすく、また増加する体重の多くは脂肪として蓄積される分となるため、一般的には筋肉より脂肪の割合が増加、以前と同じ体重であっても体脂肪率や肉体の体積は増大し、体型はより太く見える。この悪循環に陥ると、筋力減少により基礎代謝が低下し、運動での負荷が以前より掛けられず、運動によるカロリー消費の効率も落ちてしまい、元の状態に復帰するのに時間がかかる。

 

痩身 - Wikipedia

より引用

 

 この事からもリバウンドを繰り返すと痩せにくい身体になってしまうということは分かってもらえたと思います。

 

それどころか痩せにくい体質になってしまいダイエットする前以上の身体になることだってあるようですよ。

 

 

「そんな難しい話しはいいから早く食事方法を教えてくれ!」そんな声が聞こえてきそうですが…(笑)

 

はい、それでは次にいきましょう。

 

 

 

リバウンドしない為には

 要するに、ダイエットを行ってそれを維持できていればリバウンドの心配はなくなるって事です

 

 

じゃあ維持する為にはどうするか?

 

f:id:kuritoshi:20150913164210j:plain

 

もちろん運動はした方が絶対いいんです、運動することで食べたものをエネルギーにかえてくれるから。

 

例えば、車を動かすにはガソリンが必要ですよねこのガソリンが人でいう食べ物にあたります。

 車も走らなければガソリンは減りません、でもとうぜん動かせば走った分だけガソリンの減りも早くなくなってしまいます。

 

なので食べた後はなるべく運動をしましょう、やった分だけエネルギーにかえてくれるのですから。

 

 

「でも運動する時間もないけんそんなことできんばい」

 

 そんな人もいます、じゃ運動をしないでリバウンドを無くす方法…

 そう考えるとやっぱり食事をする事に重点を置いて考えないといけません。

 

 

もともと太った原因も、ほとんどの人が食事にあったんじゃないですか?

 

そこで今回のタイトルにもある「リバウンドしない簡単な食事方法」がやくにたってくるんです。

 

 

 スポンサーリンク

 

   

 

1日3食は必要なこと

 ダイエットに関する食事の方法はネットなどでも数え切れないくらいたくさんあります、もし他が気になるんであればここで閉じてもらっても構いません(笑)

 

まずダイエット中やこのまま維持したいと思っている人は、必要以上の食事制限をするのはやめて下さい。

 

 その訳はこちらにも書かれています…

 

どんなに痩せたいと思っても、きちんと必要な栄養を摂らない、「新陳代謝」を軽視した過度なダイエットは絶対にしないようにしましょう。このようなダイエットは健康や美容に大きなリスクをもたらし、またダイエットの失敗の大きな原因となります。

 

ダイエットの基礎知識(2)確実に痩せる方法とは? | ヘルスケア大学

より引用。

 

 

食べる事はダイエットをしている人にも必要な行動なのでそのへんは我慢しちゃ駄目なんです。

 

毎日規則正しく三食の食事はとりましょう。

 

 

 

リバウンドしない食事の方法とは

 

食べる順番がポイント

 

僕が食事をする中でとくに気をつけているのが野菜から食べるということ。

 

これは会社の健康診断で保健師さんから教わりました。

 

食べる順番は…

 

野菜

タンパク質 

炭水化物

果物

 

 

なぜ野菜から

 

保健師さんから言われ始めは意味もわからずにとりあえずそうしてました(笑)

 

野菜から食べるって知っている人は多いかもしれないけどその意味を理解している人ってどのくらいいるんでしょう?

 

f:id:kuritoshi:20150913164304j:plain

 

食事をする➞最初の食べ物➞糖質のある食べ物=血糖値が上がる=✖️

 

このように人の身体は最初に胃の中に送られていったものがさきに吸収されるので糖質のない野菜から食べましょうと言われているんですね。

 

最初に野菜を食べることで血糖値の上昇を抑えられる効果があります。

 

 

糖質を体の中に取り入れると当然ですが血糖値はあがります、そうした時に血糖値をもとに戻そうと(下げよう)体は反応します。

 

その反応とはすい臓から発生するホルモンのことでみんながよく知っている「インスリン」

 

このインスリンがやっかいなもので、出れば出るほど脂肪が蓄積されやすくなっていきます。

 

その反面インスリンは糖分を取り込みエネルギーにかえる働きもしてくれるのでなくてはならないものでもあるんですね。

 

 

結果

 

糖質の少ない野菜から食べるといいと言われているのは…

 

・血糖値の急な上昇を防げる(インスリンが糖質に反応していない為)

・脂肪の蓄積を防げる

 

 

糖質の高いものから先に食べるといっきに血糖値が上がってインスリンの量が増えることにつながるので、

野菜などの糖質が低いものを先に食べましょうと言われているのはその為。

 

で、ここで間違ったとらえかたをしている人も、それは・・・

 

 

「野菜から!」

 

この言葉にだまされないようにしましょう。

 

 

 

「野菜から食べる」はウソなのか?

 

 

f:id:kuritoshi:20150913164718j:plain

野菜にも糖分が含まれているものはたくさんあります、なので野菜から食べるは半分間違ったとらえ方。

 

 

糖分を含む野菜とは

 

f:id:kuritoshi:20150913182829j:plain

・切り干し大根 : 46.8g

 

・ユリネ : 22.7g

 

・かぼちゃ : 17.2g

 

・キャベツ : 4.9g

 

・とうもろこし : 15.5g

 

・レンコン : 13.8g

 

・ソラマメ : 12.1

 

・にんにく : 20.6g

 

・とうがらし : 12g

 

・グリンピース : 11.3g

 

・玉ねぎ : 7.2g

 

・ごぼう : 7.2g

 

・にんにくの茎 : 6.9g

 

・エシャロット : 6.4g

 

・カリフラワー : 4.4g

 

・ニンジン : 5.8g

 

・アスパラガス : 3.3g

 

・パプリカ : 5.6g

 

・赤ピーマン : 5.6g

 

・ねぎ : 5g

 

・トマト : 3.7g

 

・パセリ : 6.4g

 

・ブロッコリー : 6.7g

 

・タケノコ : 6.0g

 

※100gあたりに含まれる量

 

こんな風に意外に野菜って糖分が含まれているんですね、

今まで間違ったとらえ方をしていると、いつの間にかリバウンドといったことにつながりかねないので注意が必要です。

 

 

糖分の少ない意外な食品

 

f:id:kuritoshi:20150913164900j:plain

実は避けられがちなお肉、これって意外にしられてないかも知れませんが糖分は少ないんです。

 

・牛バラ肉(脂身つき) : 0.1g

 

・牛肩ロース肉 : 0.2g

 

・牛サーロイン肉 : 0.3g

 

・牛もも肉 : 0.6g

 

・牛ヒレ肉 : 0.5g

 

・牛ランプ肉 : 0.5g

 

・牛レバー : 1.9g

 

 ・豚肉(肩ロース、ロース、バラ、モモ、ヒレ) :0.1g

 

・豚レバー : 1.3g

 

・鶏肉(もも、むね、ささみ) : 0.1g

 

・鶏肉(心臓、砂肝など) : 0.1g

 

・鶏レバー : 0.3g

 

 (100gあたり肉の糖質量)

 

 

肉ダイエットって聞いたことはあったんですけどその意味がこれで理解できました。

 

 

 

リバウンドしない食事方法の結論

 

最終的にリバウンドしない簡単な食事方法を今までの事から整理してみました。

 

 

・食べる順番はひじょうに大事

 

・糖質の少ないものを1番に食べる

 

・野菜から食べることは間違い (糖分を含むものがある為)

 

・お肉は糖質がひじょうに少ない

 

 

だいたいこのように結論づけてみました、結果食べる順番としては…

 

・お肉 → 野菜 → 炭水化物 → 果物

 

この順番を毎日頭に入れて食事をすればリバウンドしない体型を維持することができるようになってきます。

 

どうですか、簡単でしょ(笑)

 

ただお肉でも調味料などで料理すれば糖分が含まれる可能性もありますので、注意して下さいね。

 

 

豆知識

 

f:id:kuritoshi:20150913165014j:plain

肉のなかでも鶏肉のササミにはタンパク質が多く含まれている食品です。

 

タンパク質は体の基礎代謝を上げる筋肉をつくってくれます、ですから最初にこれを食べることでタンパク質が吸収されやすくなり筋肉も増えます。

 

筋肉が増えれば基礎代謝も上がって太りにくい体にかえてくれるということ。

 

だからといって食べ過ぎるのはいけません、そこはいままで通りの量を続けていって下さいね。

 

 スポンサーリンク

 

   

 

まとめ

 

今回お話ししたリバウンドしない誰でもできる簡単な食事方法はいつもの生活に取り入れるだけでずいぶん変わってくると思います。

 

毎日リバウンドをしないように量だけ抑えて食べていた人には是非試していただきたい食事法。

 

簡単なのでやる価値はあるでしょう、だって減らすとか食べちゃダメって言ってないんだから、さぁ今日から始めてみて下さいね頑張りましょう。

 

 

f:id:kuritoshi:20150913165255j:plain

では最後まで読んでいただきありがとうございます良かったらシェアしてくれると嬉しいです、隠れ家でした。